スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりぴー復活?

覚醒剤取締法違反で執行猶予3年の有罪判決を受けたのりぴーこと酒井法子。
北京で芸能活動?しているようです。
しかも内容が薬物犯罪を防ぐPRって・・・ウケルw

中国側からのりぴーにオファーしたらしいですが
薬物犯罪で罰せられている人に薬物犯罪防止のPRって??
返って説得力あるのかな???よくわかりません。。
でものりぴーって昔から中国では人気ありますからね。
犯罪犯してもその人気は不動なんですねー。ビックリ。

のりぴーからしたら日本では復帰はまだまだ難しそうだし、
中国で復帰できるなら・・・って感じなんでしょうか。
また、子供もいるし、お金に困ってるんでしょうかね。

ブラックok 融資ならクレジットカード現金化です。
のりぴーってクレジットカード持ってるのかな?
審査、保証人なしで自分のクレジットカードを使う事で現金が調達できます。
現金化 仕組みは、まずは現金化業者に申込み、クレジットカードのショッピング枠で業者の指定する商品を購入⇒手数料を引かれて現金が振り込まれるというもの。
要するに電気屋さんのポイントカードのキャッシュバックみたいなもので、クレジットカード現金化 違法ではないです。

クレジットカード現金化 店舗に出向いてその場でキャッシュバックという方法もありますが、多くはネットで申込み&決済して指定口座に振り込んでもらうケースが多いです。
たまたま店舗の近くにいない限り、その方が楽だし便利です。
ただ、クレジットカード現金化 詐欺業者も中にはあるようです。
利用する前にきちんと業者を調べましょう。



スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

船内で新たに3遺体=五島沖の漁船沈没事故―長崎(時事通信)

 長崎県五島列島沖で1月、10人乗りの底引き網漁船「第2山田丸」(113トン、股張保船長)が沈没した事故で、長崎海上保安部は10日、船内で新たに3遺体を発見、収容したと発表した。一方、9日に遺体で見つかった2人のうち、1人は歯型などから中国人乗組員の廬海明さん=当時(45)=と判明した。
 長崎海保によると、引き揚げ作業を前に、潜水士が船を調べていたところ、新たに3遺体を見つけた。これまで収容された5遺体はいずれも船内の作業場で発見されたという。 

【関連ニュース】
船内で新たに1遺体=五島沖の漁船沈没事故
船内で2遺体発見=五島沖の漁船沈没事故
減速足りず波受け傾く=11人死亡の長崎平戸沖沈没
漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い
漁船沈没、桟橋で別れの会=中国人乗組員の家族ら

<天皇、皇后両陛下>世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
元富士通社長の請求却下=代表取締役への復帰認めず―横浜地裁支部(時事通信)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
はやぶさ カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)
中山岩太「神戸風景」 旧居留地 洗練されたイメージの源流(産経新聞)

<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)

 土地の売買後、土壌に含まれた物質が有害物質と認定された場合に売り主に賠償責任があるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は1日、「売買契約時に危険性を認識することができなかったような場合、売り主は責任は負わない」との初判断を示した。その上で、売り主側に賠償を命じた2審判決を破棄し、買い主側の請求を退ける逆転判決を言い渡した。

 東京都足立区土地開発公社が91年に土地を購入、01年になって環境基本法でフッ素が有害物質と認定された。その後の調査で土壌にフッ素が含まれていることが判明したため、公社側は売り主の化学製品メーカー「AGCセイミケミカル」(神奈川県茅ケ崎市)に除去費や土壌調査費など約4億6100万円の賠償を求めた。1審の東京地裁判決(07年)は請求を棄却。2審の東京高裁判決(08年)は「売却後に有害性が認識された場合でも売り主に賠償責任がある」として除去費約4億4890万円の支払いを命じていた。

 これに対し、小法廷は「売買契約時には、フッ素の有害性は認識されていなかった」と述べ、同社側の賠償責任を否定した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
築地市場移転:都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴
東京・築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 住民グループ、移転先巡り都知事らを提訴
大田の汚染土壌除去訴訟:費用負担取り消し求めた上告を棄却 /東京
前工跡地の有害物質:土地契約合意書、市に意見求める--地裁、弁論 /群馬
築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 基準甘い合意書、民主「都民への背任」 /東京

全日空機エンジントラブル、成田に緊急着陸(読売新聞)
口蹄疫に募る危機感「1頭でも出たら…」 東北(河北新報)
iPadブランドマガジンの驚き――“iPad後”の広告シーン(Business Media 誠)
僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)
「自分で作った方が早い」 警部補が交通違反の実況見分調書にうそ記載(産経新聞)

<野菜畑>見事なパッチワーク 三浦半島南部(毎日新聞)

 三浦半島南部の神奈川県横須賀市津久井で、彩り豊かな野菜畑が連なり、見事なパッチワークを見せている。春野菜から夏野菜への切り替え時期。春の出荷を終えた農家が、畑の上にシートを張るトンネル栽培でメロンやスイカ、カボチャの栽培を始めている。

 地元農協によると、三浦半島の代表的な春野菜であるキャベツは、2~3月の異常低温と日照不足で生育と出荷が遅れ、価格が高騰。しかし4月下旬からは好天に恵まれ、出荷量も増えて価格は低下しているという。【田中義宏】

【関連ニュース】
<写真特集>白いイチゴが人気 その名も「初恋の香り」
<関連記事>春キャベツのレシピ「春キャベツとツナのココット」
<関連記事>春野菜をおいしく キャベツ
<関連記事>スイカのレシピ「スイカの杏仁豆腐」
<写真特集>こちらは本当のお花畑 毎日植物園

いい子紹介なら切符なしでも…巡査、違反見逃し(読売新聞)
政府対処方針への署名拒否=普天間、常任幹事会で確認―社民(時事通信)
10キロ圏内の殺処分を決定=政府の口蹄疫対策本部(時事通信)
河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)

富士通を指名停止処分=リースパソコン障害で―国交省(時事通信)

 国土交通省は13日、昨年末にリース契約を更新した本省職員用のパソコンが、起動するまでに最長約30分もかかり、業務に支障が出たとして、富士通を同日から1カ月間の指名停止処分にした。同社の社員が行った初期設定ミスが原因とみられる。
 同省によると、本省で使用する約5300台のノート型パソコンのリース契約とシステム設計契約などを同社と締結。契約額は4年間で総額約16億9800万円に上った。
 しかし、パソコンの起動に長時間がかかり、業務に大幅な支障が出たという。同社の調査によると、誤ってパソコン起動時に不必要なデータまでを読み込む設定になっていたという。このため、同省職員は業務終了時にパソコンの電源を切らず、翌朝までつけっ放しにする対応を余儀なくされた。
 このほか、プリンターの設定ミスで印刷できない事態も発生。同社に対し、省内からは「事前の検証作業が不十分」と批判の声が上がっている。 

白樺ガス田 出資5割超、中国に 政府方針 先行開発を配慮(産経新聞)
介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ-長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)
南方熊楠の新発見書簡 4年かけ刊行 混迷の現代、思想先取り(産経新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターよしとあまの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。